歯科には口元のトラブルの内容によって様々な種類があります。ただの虫歯なら一般歯科、口元の見た目の改善なら審美歯科、歯周病の予防なら予防歯科、歯並びを整えたいなら矯正歯科といった具合になります。また、子供に優しい小児歯科や高齢者のための訪問歯科など世代によっても専門に対応してくれる歯科もあります。インプラントなどは専門の医師のいる歯科で受けることをお勧めします。歯の悩みができたら自分に合った歯科を選びましょう。

色々な歯科のイメージ

口元を綺麗に見せたいなら審美歯科がおすすめ

審美歯科で治療を受ける女性

キスをする習慣のある欧米と比較すると、日本人は口元への意識が低いと言われています。
しかし、最近はより綺麗な口元になりたいと考える人が若い女性を中心に増えています。

しかし、自分でできるケアには限界があります。
毎日の歯磨きで確実に口の中を綺麗にすることはとても難しいです。
さらに、人間の歯というのは真っ白ではなく、元々黄色が入った色です。
この黄色というのは、歯の内部にある象牙質と呼ばれる組織の色が透けているためです。
年齢を重ねれば重ねるほど、黄色は強くなっていくので、歯の黄ばみも強くなってしまいます。
笑顔で見える歯が黄ばんでいるよりも、白い方が健康的なだけでなく、美しい印象を与えます。

そこで、審美歯科でより綺麗な治療を行うことができます。
審美歯科とは、その名の通り見た目にこだわった審美性の高い治療を行う歯科です。
例えば、一般の歯科医院では虫歯ができた時に歯を削って銀歯を入れますが、銀歯は見た目が綺麗な治療とは言えません。
審美歯科では、銀歯を使うことは一切なく、白いセラミックなどを使うことで噛む機能と見た目の両立を図ります。

審美歯科を受診するのは女性が多いですが、男性の患者さんも増えています。
笑顔を綺麗に見せるというのは、仕事などでも有利に働くからです。
審美歯科の治療としてよく知られるのが、歯を白くする治療です。
ホワイトニングは、歯の内部の象牙質の黄ばみを分解する薬剤を使用することで、内側から歯を白くすることができます。
自然な白さで、輝くような笑顔を手に入れることができます。

タバコのヤニや、茶渋などが歯の表面に付いている場合には、クリーニングがおすすめです。
特殊な機械を使うことで、歯の表面に付いた汚れを落とすだけでなく、磨き上げることができるので歯が持つ本来の色が戻ります。
クリーニングは内部にまで働きかけることができないので、自分の持っている以上の白さを出したい時は、ホワイトニングが適しています。

また、気になっている銀歯をセラミックにするという治療も可能です。
審美歯科では、口の中全体を綺麗にすることができます。
セラミックは詰め物や差し歯にすることができるため、口内の状態に合わせた治療が可能です。
口元を綺麗にすることは、美しい印象を与えるだけでなく、アンチエイジングの効果もあります。
自分の口元に自信があると、性格まで明るくなると言われています。
手で口元を隠す癖のある人は、審美歯科を受診してみましょう。