歯科には口元のトラブルの内容によって様々な種類があります。ただの虫歯なら一般歯科、口元の見た目の改善なら審美歯科、歯周病の予防なら予防歯科、歯並びを整えたいなら矯正歯科といった具合になります。また、子供に優しい小児歯科や高齢者のための訪問歯科など世代によっても専門に対応してくれる歯科もあります。インプラントなどは専門の医師のいる歯科で受けることをお勧めします。歯の悩みができたら自分に合った歯科を選びましょう。

色々な歯科のイメージ

子供にはキッズスペース完備の小児歯科が良い

子供にとって歯科医院というのは、特殊な環境です。
診療台の上に仰向けになり、歯科医師に覗き込まれるというのは、大人になっても慣れないと感じる人もいるほどです。
虫歯があれば、削って詰めるという治療が必要になります。
独特の音や振動、においなど日常生活とは大きくかけ離れた環境です。

そこで、子供のための治療を行う小児歯科が広がっています。
小児歯科では、治療だけでなく、予防の考え方も普及していて、悪い歯の治療に加えて、良い状態の歯を守るという意識があります。
子供が安心して通えるように、キッズスペースを用意している所も少なくありません。
キッズスペースには、おもちゃや絵本など子供が楽しく待ち時間を過ごせる工夫があります。

キッズスペースの他に、おむつ替えの設備を備えている小児歯科もあります。
子供といっても、赤ちゃんから小学生まで年齢層は幅広いです。
子供がいることで親が治療に行けないということもあるので、保育士がいる歯科医院もあります。
親の治療の間に、保育士がキッズスペースで子供の世話を見てくれるので、安心して治療を受けることができます。

子供は、ただ大人を小さくしたという存在ではありません。
成長途中の子供の口の中は、乳歯から永久歯に生え変わり、虫歯や歯周病といったリスクもあります。
子供への対応も学ぶ必要があります。
ただ口を開けさせて治療をすれば、不快な印象につながってしまいます。
虫歯になった原因を説明して、子供が納得した上で治療にはいれば協力も得られます。

歯科の技術も求められます。
子供は大人よりも我慢することが苦手です。
痛みには特に弱いでしょう。
そのため、無痛治療の技術を積極的に導入しています。
麻酔をする際には、いきなり注射をするのではなく、歯茎をしびれさせる塗るタイプの麻酔を使います。
しびれた状態で細い麻酔針を使用すると、痛みがないままに麻酔ができ、歯を削ることができるようになります。

キッズスペースで楽しく遊び、痛みの無い治療を小児歯科で受ければ、それほど歯科医院に対して恐怖感や抵抗感を感じることがなくなります。
子供の対応を知ったスタッフなら、必要以上に怖がることもありません。
小児歯科では、子供の口内の健康を守るために様々な工夫をしています。
歯磨きの指導はもちろん、フッ素を歯に塗布をすることで歯を強くしていきます。
予防は痛みなく処置できるので、子供にとってやさしい対応が可能になります。