歯科には口元のトラブルの内容によって様々な種類があります。ただの虫歯なら一般歯科、口元の見た目の改善なら審美歯科、歯周病の予防なら予防歯科、歯並びを整えたいなら矯正歯科といった具合になります。また、子供に優しい小児歯科や高齢者のための訪問歯科など世代によっても専門に対応してくれる歯科もあります。インプラントなどは専門の医師のいる歯科で受けることをお勧めします。歯の悩みができたら自分に合った歯科を選びましょう。

色々な歯科のイメージ

専門医のいる歯科医院でインプラント治療は鉄則!

近年、歯を失った場合の選択肢として第三の歯と呼ばれるインプラントが注目を集めています。
義歯や差し歯などと異なり、審美面と機能面の両面においてほぼ自分の歯と同様の働きが期待できます。
きちんとケアしメンテナンスを受けることで長期にわたって使用することが可能です。

インプラント治療を受けることに決めたら、どこで治療を受けるかが大切になってきます。
基本的には歯科医であれば誰でもこの治療に係わることはでき違法ではありませんが、高度の知識と技術が必要となる治療なので経験を積み重ねないと実際には不可能でしょう。
インプラント治療を東京都内で行うという選択肢であれば知識と技術が優れた歯科医院が多いことは確かでしょう。
インプラントを望む患者数は人口の多さに比例します。
高齢化に伴って歯を失う確率が増えるからです。
東京の歯科院であれば基本的にインプラント治療が失敗するようなことは起きないでしょう。

インプラント治療はどんどん進化しており、技術や経験、知識、検査内容、設備などのきちんと整った歯科医院で実施した場合の成功率は約97パーセントと言われています。
失敗例とはインプラントが定着せず抜け落ちてしまったり、1年程度で機能しないくらいの動揺が出てくる場合などが挙げられます。

医院選びで大切なことは専門医が在籍しているということでしょう。
近年注目を集めている分野だけに、いたるところに治療内容にインプラントを掲げている歯科医院が増えています。
インプラントに関連する学会もたくさんあり、それぞれが認定医制度を設けています。
内容的には比較的に簡単に認定される学会からハードルの高いものまで様々です。
そのため専門医といってもどこの学会の専門医であるかということも重要になってきます。

日本で最も会員数が多い学会では認定医、専門医、指導医を設けています。
学会の認定医になるにはいくつかの条件が課されており、知識と技術が一定のレベルに達した人のみがその資格を認定されます。
また、国際的な学会もあり、多くの会員が在籍しています。
これらの学会の専門医になるにはかなりの研鑽が必要であり、ハードルの高いものになっています。

今やより安全に、より苦痛なく、より安心して治療が受けられるような方法が開発されており、コンピュータによって正確な骨の状況を把握し、綿密な治療設計ができるようになって成功率が飛躍的に伸びてきました。
インプラント治療は痛いというイメージが払拭されつつあります。
外科的な手術で骨に穴をあけるという大きく体に負担をかける治療ですが、痛みを軽減するために工夫がこらされ、術後の痛みは腫れも軽減されるようになりました。

しかし、インプラントは自由診療であり、高額な治療費も必要になってきます。
失敗しない医院選びには慎重を期したいものです。
信頼のおける学会の専門医が在籍し治療に当たっていることは大切なポイントです。
インターネットなども活用し、情報収集を行うことや口コミを参考にすることも一つの選択肢でしょう。

Recommend
No articles