歯科には口元のトラブルの内容によって様々な種類があります。ただの虫歯なら一般歯科、口元の見た目の改善なら審美歯科、歯周病の予防なら予防歯科、歯並びを整えたいなら矯正歯科といった具合になります。また、子供に優しい小児歯科や高齢者のための訪問歯科など世代によっても専門に対応してくれる歯科もあります。インプラントなどは専門の医師のいる歯科で受けることをお勧めします。歯の悩みができたら自分に合った歯科を選びましょう。

色々な歯科のイメージ

歯肉炎や歯周病は10代からの予防歯科が大切

虫歯予防をする子供とお父さん

口内の病気というと、虫歯をイメージする人が多いです。
しかし、歯を失う原因の1位は虫歯ではなく歯周病です。
歯周病は歯茎が腫れる病気で、少し前までは歯槽膿漏と呼ばれていました。
初期の段階は歯肉炎と呼ばれ、歯茎の腫れだけが症状ですが、進行すると歯を支えている骨が溶かされてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯肉炎や歯周病は成人の80%がかかっているほどの国民病です。
大人になったらなる病気だと思っている人も多いのですが、実は10代からの予防歯科が非常に大切です。
その理由は、生活習慣にあります。
10代のうちから予防歯科を受診していると、口内をきれいにする習慣が付きます。
甘い物など、飲食物の取り方はもちろん、歯の磨き方などの指導も予防歯科では受けることができます。

予防歯科では、指導の前に虫歯になりやすいかをチェックする検査を行うこともあります。
口内の細菌を顕微鏡で見ることで、虫歯や歯周病になりやすいかを検査する歯科医院も増えています。
検査することで、自分の口内の状態に合った予防方法を知ることができます。

10代という若いうちから予防歯科に関心を持つことは、歯の寿命を延ばす上で大切です。
予防歯科では、口内の相談を気軽にすることができます。
虫歯になりやすければ、歯を強くするフッ素塗布を塗るなどの対処も可能です。
この頃にきれいに歯を磨く習慣が付くと、大人になっても歯磨きをおろそかにすることはなくなります。

歯肉炎は多くの人がなっている病気ですが、痛みがありません。
そのため、自分では気づかないうちに進行してしまうことが多いです。
自覚症状としては、歯茎の腫れに加えて、歯磨きの際の出血があります。
しかし、出血するのが当たり前になってしまうと、歯科医院を受診するという選択肢がなくなってしまいます。
進行すると、出血だけでなく、膿が出て、口臭もするようになります。
歯を支える骨がなくなるので、グラグラして噛みにくい状態になってしまいます。
ここまで重症化してしまうと、健康な口内の状態に戻るのは難しくなります。

10代の頃から予防歯科を行い、生活習慣や歯の磨き方を身に着けることで、歯肉炎や歯周病のリスクは大幅に減らすことができます。
もし病気になったとしても、初期の段階で発見できるので、治療も早めに行うこともできるでしょう。
お口の健康を守るために、定期的に歯科医院を受診し、予防することが大切です。