歯科には口元のトラブルの内容によって様々な種類があります。ただの虫歯なら一般歯科、口元の見た目の改善なら審美歯科、歯周病の予防なら予防歯科、歯並びを整えたいなら矯正歯科といった具合になります。また、子供に優しい小児歯科や高齢者のための訪問歯科など世代によっても専門に対応してくれる歯科もあります。インプラントなどは専門の医師のいる歯科で受けることをお勧めします。歯の悩みができたら自分に合った歯科を選びましょう。

色々な歯科のイメージ

通院困難な状態なら訪問歯科を探してみよう!

体の不調と異なり、口の中のトラブルは軽視されがちですが、実は全身疾患につながる重大なリスクが潜んでいます。
例えば、入れ歯があっていないと食べ物がしっかりと噛めないばかりか、口の中が荒れてしまい、食欲減退につながります。
しっかり食べ物が噛めないことは、消化不良や誤嚥につながります。
誤嚥とは誤って食道に入るべき食物が気管の方に入ってしまうことです。
これにより肺炎になることがあります。

高齢者にとって、肺炎は命とりです。
死因でも上位に挙げられています。
さらに口腔ケアができていないと口の中で付着し、増殖した細菌が体の中に入り込み、全身に影響を与えるような疾患になってしまう危険性もあります。
虫歯があればなおさらそのリスクは高まります。

このようなことから特に高齢者に対しては検診も含めて歯科受診が必要です。
診療の対象者が寝たきりだったり、田舎で歯科医院が近くになかったりなどの理由で通院困難だとあきらめてしまいがちですが、そういう方には訪問歯科という手段があります。
歯科医院の看板などで訪問歯科と標榜してあるところでは対応可能ですし、近年ではそのニーズの高さから訪問を専門にやっているクリニックもあります。

訪問歯科は自宅に訪問する場合と施設に訪問する場合とがあります。
もし、施設に入所中であれば、施設の方に聞いてみるといいでしょう。
施設では、訪問歯科を必要とする利用者を数人まとめて、定期的に診察にきてもらうというケースがあります。
自宅であっても、老夫婦を一緒に診てもらうことも可能です。

気になる料金ですが、訪問診療そのもののお金は保険適用です。
訪問の結果生じた治療行為にも同じことがいえます。
ただ、訪問場所までの交通費は実費となっています。
田舎であれば、交通費の実費分は高くついてしまうかもしれません。
それでも通院困難を理由に放置しておいて、背負うであろうリスクやご家族の方が患者を近くの診療所まで連れていく際の手間を考えれば、気になる金額にはならないはずです。
そのほか、自宅であれ、施設であれ複数人を診る場合は2人目以降の料金が若干安くなります。
交通費部分に関しても二重取りはできないため、その分も安いです。

訪問歯科診療を行っているところを探す方法ですが、地域の歯科医師会のホームページで紹介されていることが多いです。
先にも述べましたが、介護保険関係の施設を利用している人は各施設で提携しているところがあるはずですので、そこに問い合わせてみるといいでしょう。